日本初の乳腺画像オンライン
カウンセリングサービス

「スマイルオピニオン」

乳がん検診で「要精密検査」と通知されて不安を感じる方
乳がん検診で「経過観察」と通知されたが、他にも相談してみたい方

乳がんをご経験された方にお話をきくと、「自分が乳がんなのかどうか分からない期間」が非常に辛かったと振り返る方がいます。近年、『検診難民』という言葉があるように、不安を抱えながら医療機関を見つけるために多くの時間を費やす方がいます。誰にも相談出来ず、大きな心理的ストレスから心身の不調を来すなどの様々な問題がこの期間に発生します。そのような社会的課題に対して、私たちはこれまでの経験を活かし、このサービスを立ち上げました。

「スマイルオピニオン」とは

日本初の乳腺画像オンラインカウンセリングサービス「Smile-Opinion」は、相談者がオンラインで高性能画像共有プラットホーム「AMBRA」を利用して簡単にセカンドオピニオンを受けられる画期的なサービスです。

乳がん画像診断の専門医師らによるマンモグラフィ画像・超音波画像およびMRI画像の評価をレポートで提供します。画像を弊社のクラウドシステムに送信して頂き、その画像判定をフィードバックいたします。その結果、今後の方針の一助として頂くサービスになります。

「AMBRA」とは?

画像を安全にオンラインで簡単に送ることができる高性能画像共有プラットホームで、既に米国における優良病院において導入されており、日本国内でも安全に使用出来るようになりました。

詳しくはこちら

サービスを受けるメリット

  1. 1 検査結果に対する疑問が解消される。
  2. 2 精密検査を受けるまでの間の不安な気持ちが軽減される。
  3. 3 近くに専門クリニックがなくても専門家の意見を聞くことができる。

高度な知識と豊富な経験を有している乳がん画像診断の専門医による画像評価レポートであるため、ご自身の状況をより詳しく知ることが出来ます。そのため、不安を抱えながら過ごす時間を短くすることができます。

よくあるご質問

  • パソコンがないとサービスを利用できませんか?

    医療機関から提供された画像データをパソコンから送っていただく必要があります。ただし、内容によっては、お受けできることもありますので、お気軽にお問合せください。

  • パソコンが苦手ですが大丈夫ですか?

    操作は簡単です。アテンダントより詳しい説明をお送りし、サポートしますのでご安心ください。

  • 画像が手元にありません。どうしたら良いですか?

    検診を受けた施設に依頼して頂ければ、画像は取得出来ます。

  • レポートは診断書として使用できますか?

    本サービスは医療行為ではありません。専門家による情報提供の範囲内のものです。そのため診断書として使用することはできません。

  • レポートを確認して、精密検査を受けたい場合は紹介してもらえますか?

    弊社ではそのようなサービスをおこなっておりませんが、そういったサービスをおこなっている団体をご紹介することは可能です。

  • レポート内容について質問はできますか?

    レポートは一般の方にもわかりやすいように平易な言葉で書かれていますので、原則としてレポートに対しての質問はお受けしておりません。

サービスの流れ

  1. STEP 1

    メールにてご依頼を承ります。その後、弊社アテンダントより詳しい利用説明をメールでご返信させて頂きます。そのやり取りの際、ご依頼者様の背景情報をお伺いいたします。

    STEP 1
  2. STEP 2

    弊社アテンダントから送信されたメールの手順に沿って、ご依頼者様の画像をクラウドシステムに送信して頂きます。(※このクラウドシステムは、画像情報送信時に匿名化され、セキュリティが掛けられる最新のシステムです。)

    STEP 2
  3. STEP 3

    数日後、専門の医師らによって画像が診断され、読影レポートが作成された段階で、ご依頼者様にメールで通知をさせて頂きます。その後、ご自身でレポートをダウンロードして頂きます。

    STEP 3
  4. STEP 4

    ダウンロード終了後、メールでご案内する口座に銀行振込でご利用代金をお支払い頂きます。

料金・お支払いについて

画像評価レポートフィードバックサービス ¥20,000/件(税込)
お支払いは、銀行振込のみになります。ご了承ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

スマイルオピニオン利用規約
本サービスをご利用にあたりましては、以下の利用規約をご確認頂き、同意を頂いた方に限り、本サービスをご利用いただけます。なお、本サービスをご利用いただいた時点で、本利用規約に同意したものとみなします。

1、本サービスの提供
リガーレヘルスケア株式会社(以下「弊社」)は、サービスの利用者ご本人の症状確認を目的とする要望に基き、弊社が委託する専門の画像診断医師ら(一般社団法人 乳腺画像・研究診断支援グループ他)による読影レポートを提供いたします。

2、本サービスの対象と範囲
1)本サービスは、乳がん検診後の画像情報(マンモグラフィ、超音波、MRI、CT等)をもとに、撮影時の画像を専門医師らが解析し、そのレポートを利用者ご本人に確認頂くものとして提供いたします。そのため、本サービスを利用する際には、検診時(本サービス利用日より3ヶ月以内)の画像情報を受診施設からご本人で取得されている事が前提となります。
2)既に確定診断をなされている場合、また治療方針においてのセカンドオピニオンなどは、本サービスの範囲外となります。
3)本サービスは、上記の性質から診断書および回答書(裁判、保険関係等)としての発行はできません。
4)本サービスのご利用は、利用されますご本人の意思と責任に基づいてお願いいたします。

3、本サービスの利用方法
1)本サービスを利用される場合は、弊社のホームページから必要事項をご記入頂き、登録を行ってください。その後、弊社のアテンダントよりメールにて詳細の利用方法をお送りさせて頂きます。
2)弊社から送付されたメールの利用手順にそって、利用されるご本人の画像情報を弊社が使用するクラウドシステムに送信して頂きます。
3)画像診断の専門医による読影が終了しましたら、メールにてご利用者様に通知をいたします。その後、ご本人でレポートをダウンロードして頂きます。
4)本サービスの利用料金は、レポートのダウンロード後1週間以内に銀行振込にてお願い致します。

4、個人情報の取り扱い
本サービスのご利用にあたっては、ご利用者様の状況を解析する目的で、弊社と委託する専門の医師との間において情報共有を行いますが、それ以外の目的においてご利用者様の情報は使用いたしません。

5、本サービスの範囲外の主な項目
以下の事項に該当する場合は、本サービスは提供できません。
1)裁判係争中の事案や医療過誤に関するご相談
2)過去に確定診断がなされている場合のご相談
3)現在、受診されている治療方針に関するご相談
4)医療機関の紹介を目的とするご相談
5)提供する読影レポートの内容に関してのご相談
6)読影レポートを作成した医師の個人情報のお問い合わせ
6、本サービスの利用上の注意
画像診断の情報は、診断過程における重要な部分を担いますが、最終的には主治医の診断やその他の臨床情報などを考慮し、本サービスで得られる情報のみならず、総合的に判断されるべきことにご注意ください。
7、免責事項
弊社は、本サービスを通じて、ご利用者様と画像の専門医師らの取次を行うものであり、サービス利用に際して発生した内容に関するトラブルや損害については、一切の責任を負いません。

会社概要

人と人、人と医療をつなぐことで、社会へ貢献する

Ligare(リガーレ)とは、イタリア語で「つなぐ」を意味します。私たちは、人と医療をつなぐことを目的に立ち上げました。

社名 リガーレヘルスケア株式会社
英文表記 Ligare Healthcare
設立 2017年9月
代表取締役 森 亜紀子
事業内容 医療・福祉における情報サービス
  • 森 亜紀子

    CEO|代表取締役森 亜紀子

    医療をもっと身近に感じていただけるよう、人と医療をつなぐお手伝いができたらと思います。

  • 布浦 岳人

    Attendant|アテンダント布浦 岳人

    「医療格差」、「検診難民」といった社会的課題の解決を私達の出来る所からサポートしたいと考えております。

SupportTeam

SupportTeam

一般社団法人乳腺画像・研究診断支援グループのメンバーがサポートしています。